床や額縁の補修

今日は住宅の補修。

フローリングなどの建材のリペアは車両内装のリペアと違い、素材の色が単色ではないので色を合わせていくのが難しいですよね。

しかも、同じ材料でも場所によって色が違うので、補修材も1色作ればよいというわけにはいかないんで。

あと木目とかも、、、、

なので、住宅の補修をやり始めた頃は、本当にこの調色が大変でしたっ!
今でも上手くいかずハマってしまう場合もたまにあるんですが、、、、(笑)
そんな時は本当に泣きたくなります( ;∀;)

でも現在ではほとんどの場合、こんな傷でも

これくらいには直ります。

少しひいた写真ですが、ちょうど中央付近が補修した箇所です。
若干色が濃いようにみえますが、ほとんどわからないのではないでしょうか?

住宅補修の場合、フローリングは床の平面なので作業自体は比較的やりやすいです。
場所も広く使えますし。

それから立面の場合は、あやまって額縁に何かをぶつけてしまった傷補修が多いのですが、もう一つよくあるのが、
” 切り(カット)間違え ”
これも、結構多いです。

例えばこんな感じで、、、

今回は切りすぎた箇所は埋木してくれてありますが、その跡を目立たなくする補修です。

仕上がりはこんな感じ、、、

今回は、割とすんなり色があったので、それほど時間もかかりませんでしたが、こういうのもハマってしまうと、、、

現在、比率的に車両内装のリペアの方が多いので、住宅関連のリペアの記事は少ないのですが、またわかりやすい写真が取れたらこちらも記事にしたいと思います。

最新情報をチェックしよう!