ダッシュボード側面の剥がれ補修

今回はダッシュボード側面とドア内張の接触する個所の剥がれ補修です。

この手の補修依頼も結構な頻度で依頼されます。

基本的にダッシュボードや内張りが劣化によりべたつく症状が出る車種に多い事例ですね。

今回はドアの内張り側にダッシュボードの表皮が張り付いて破れてしまっていますが、逆のパターンの場合もあります。

また、それいがの箇所でもドア内張の傷があり、併せてそれも補修依頼をいただきました。

この手の症状が出ている場合は、だいぶ素材自体が劣化しているケースが多いため、補修も慎重に行わないと補修する範囲を広げてしまう可能性もあるため、注意が必要になります。

補修作業時に、補修箇所や周辺にあまり熱を与えすぎず、かつ負荷をかけずに補修することが重要になります。

で、仕上がりがこちら。

綺麗に仕上がり、お客様にも喜んでいただきました。

また補修時にはベタツキを抑える処理もしているので、再発防止にもつながるように作業しています。

料金:30,000円(税抜)

最新情報をチェックしよう!